構築日記 blog

最近見た映画いろいろ

genre
映画全般
date
09.05.22. 22:05

「ザ・ビーチ」

昨日深夜にやっていたので観た。
ダニー・ボイル×ディカプリオ。
実はいままで未見だった。
かなり評判悪かったしなんか興味がなかったので。

これが嫌いじゃなかった!
まったく期待していなかったからか、むしろ面白かった。
なんであんなに言われるんだろ。
メッセージがわかりやすすぎるから?
出てくるヤツがみんなアホだから?
期待したディカプリオじゃなかったから?
「タイタニック」の後これに出るってクールじゃん。
ボイルにしたって「トレスポ」の後これ撮るってある意味クールじゃん!?

ホント今さらですが。。



試写で観た。


「レスラー」

ダーレン・アロノフスキー監督最新作であり、ミッキー・ロークの実質的な復活作。
アロノフスキーの「レクイエム・フォー・ドリーム」が大好きで、前作「ファウンテン」は長年に渡りさんざん待たせて期待させておいてアンマリな出来だったので、次はどうくるかな〜と思っていた。
正直、びっくりするくらい作風が変わっていてラース!?ダルデンヌ!?な手持ちバリバリのドグマっぽい作りで力を抜いた感じが嫌いじゃなかった。
スッゲーよかったわけでもないが、好みの映画。
80年代ミッキー・ローク黄金期で育った人間だったら泣ける。
「ロッキー6」がスタローン自身とアメリカと観る人それぞれの人生をリンクさせたように、ロークしか体現できない完全なアテ書きにグッとくる。

「ガンズやモトリー・クルーがいた80年代は最高だった。ニルヴァーナが出てきて全てが変わった90年代は最悪だった」
という台詞が全てを物語っている。



「スタートレック」

オリジナルは多少知っている程度の知識だったけど、面白かった。
というかうまい!
いろいろネタバレになるからあまり言えないけど、裏技と言うか反則ワザというか、オリジナルファンも納得できるし、新しい若いファンも獲得できるウルトラC級のシナリオにびっくり。
映像も凄かった!
こりゃ、リ・イマジネーションという便利な言葉でいっぱい過去の作品がリサイクルされて行くわけだ!



「重力ピエロ」

伊坂幸太郎の原作はタイトルしか知らずあんまり期待もしていなかったけど良い映画だった。
ミステリーとしてはまぁまぁだけど好奇心を煽る意味では成功しているし、おそらくそれが狙いだろう。いつのまにか感動していた。
まんまとやられた。
渡部篤郎の鬼畜ぶりはやり過ぎじゃないところが良かった。

この記事へのコメント

コメントを書く

名前
メールアドレス
サイトURL
コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

http://blog.sakura.ne.jp/tb/29306594

2014年09月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

新着記事

09.25.
新しいブログ
04.12.
偶然の連鎖
04.11.
偶然
02.22.
バリアフリー コミュニケーション ぼくたちはセックスしないの!?できないの!?
05.01.
『INNERVISION インナーヴィジョン』公開!!

最近のコメント

12.22.
ハリウッドスターに会った by lola on mona テ堕�テ青オテ青コテ堕� テ青イテ青クテ青エテ青オテ青セ
12.08.
ハリウッドスターに会った by yaテ�ツ殕i porno
07.18.
ハリウッドスターに会った by Knoテゥ
10.18.
ある意味、夢のツーショット by ヴィトン ダミエ
10.18.
ある意味、夢のツーショット by gucci メンズ 財布

ジャンル

RSSフィード